不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOPお役立ち情報大切な家族を想う将来の相続対策「Section2相続対策のポイント」Q6 相続対策の三原則のうち節税対策について教えてください。

大切な家族を想う将来の相続対策

相続

イザとなってからでは遅いから…大切な家族を想う将来の相続対策

大切な家族を想う将来の相続対策TOPへ

相続対策について、主に不動産を中心にまとめました。「相続をめぐる最近の状況」、「相続対策のポイント」、「成功事例と失敗事例」及び「相続の手続き」をQ&Aなどにより解りやすく解説しています。

Section2

相続対策のポイント

相続が起こる前に対策を考えておくことが大切です。事前に準備するための相続対策のポイントを確認していきます。

Q6

相続対策の三原則のうち節税対策について教えてください。

Q6

相続対策の三原則のうち節税対策について教えてください。

A

「財産の相続税評価額を下げる」方法と「相続税の対象財産を減少させる」方法が考えられます。

解説

解説

相続税の節税対策には、相続税の対象となる財産の相続税評価額を引き下げる方法と、親族への贈与により相続税の対象となる財産そのものを減少させる方法の2つがあります。

財産の相続税評価額を引き下げる方法としては、一般に時価よりも評価額が小さくなる不動産の購入等がしばしば選択されます。借入金により賃貸不動産を購入したり建築したりする方法が代表的なものです。

親族への財産の生前贈与の方法は、相続税の節税対策として広く行われています。このような親族間の財産の贈与は、その実態が外部からはわかりにくく、贈与の事実を巡って税務当局とのトラブルが生じやすいので注意が必要です。さらに、財産の贈与につき、一般的な贈与税の課税制度(暦年課税制度)の適用を受ける場合、贈与した人が贈与後3年以内に死亡し、その贈与を受けた人が贈与をした人からの相続または遺贈により財産を取得したときは、贈与を受けた人の相続税の計算上、贈与を受けた財産の贈与時の評価額が加算されます。贈与した人の相続の開始時期は予定できないので、将来相続人となる子へ贈与を行う場合には、早い時期から贈与をスタートすることがポイントになります。

本コンテンツの内容について

このコンテンツは平成28年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。