相続

知っておきたい相続の基礎知識
<身近なそうぞく>

知っておきたい相続の基礎知識<身近なそうぞく>TOPへ

相続税・贈与税の改正、遺産分割対策、相続税の計算、各種特例、相続税軽減対策、相続税納税資金対策について基本的な知識を解りやすく解説しています。

5確認しておきたい各種特例

5

確認しておきたい各種特例

1.配偶者の税額軽減

〜相続発生後、配偶者が相続した財産については、配偶者の税額軽減の特例を受けることができます〜

配偶者が相続した財産のうち、次のいずれか大きい金額までは相続税がかからないこととなっています。

イ 配偶者の法定相続分

ロ 1億6,000万円

この特例を使う場合は、相続税がゼロであっても申告書の提出が必要です。また、原則として申告書の提出期限までに遺産分割が成立していなければ特例を受けられません。

父親が亡くなり、母親と子ども2人が1億円の財産を相続する場合。

拡大図はこちら

2.小規模宅地等の特例

~被相続人から相続人が取得した居住用宅地や事業用宅地などについては、生活や事業を継続できるよう、宅地にかかる相続税を減額できる特例があります~

被相続人(下の例の場合父親)の相続発生により、同居の配偶者や子ども等の相続人に、相続税の納税が必要となったとき、納税資金がなければ同居していた自宅に引き続き居住することや事業の継続ができなくなることが考えられます。この特例はそのような相続人に配慮して、相続税の計算上、被相続人等の自宅や事業用の敷地の評価について、一定の要件のもと、大幅な減額が認められているものです。この特例を受けるには、相続税の納税の有無にかかわらず申告書の提出が必要です。また原則として、申告期限までに遺産分割協議の合意が必要です。

小規模宅地特例の例

拡大図はこちら

(注)この特例には、相続開始前3年以内に贈与により取得した宅地等は適用対象外である等、一定の要件があり、細心の注意が必要です。

本コンテンツの内容について

当コンテンツに掲載されている情報は、一般的な相続・贈与に関する情報です。記載以外の軽減措置や特例、適用要件等がある場合もあります。また、2016年1月末日現在の情報を元に記載していますので、今後の確定する法令等において内容が変更となる場合もあります。個別の事案につきましては、所轄の税務署または税理士等の専門家にご確認ください。