知っておきたい相続の基礎知識<身近なそうぞく>

相続

知っておきたい相続の基礎知識
<身近なそうぞく>

知っておきたい相続の基礎知識<身近なそうぞく>TOPへ

相続税・贈与税の改正、遺産分割対策、相続税の計算、各種特例、相続税軽減対策、相続税納税資金対策について基本的な知識を解りやすく解説しています。

4どれくらいの財産があると「相続税」はかかる?

4

どれくらいの財産があると「相続税」はかかる?

相続財産が基礎控除額を超えると相続税がかかります。つまり、基礎控除額以下であれば、相続税はかかりません。

基礎控除額を超える財産を相続する場合、相続税の申告が必要となります。

配偶者の税額軽減を活用した場合、納税が不要となる場合もあります。

相続税の基礎控除額 計算例

父親は既に他界しており、平成27年1月1日以後に母親の財産5,000万円を子ども2人が相続する場合。

拡大図はこちら

相続税額早見表〈相続人が子どものみの場合〉

拡大図はこちら

※各相続人が法定相続分どおりに相続財産を取得した場合の税額です。

※早見表の相続税額は万円未満を四捨五入していますので、実際の相続税額とは若干の相違があります。

本コンテンツの内容について

当コンテンツに掲載されている情報は、一般的な相続・贈与に関する情報です。記載以外の軽減措置や特例、適用要件等がある場合もあります。また、2016年1月末日現在の情報を元に記載していますので、今後の確定する法令等において内容が変更となる場合もあります。個別の事案につきましては、所轄の税務署または税理士等の専門家にご確認ください。