購入・売却・住み替えの知識

お買い替え計画の立て方

「売れたけど、住みたい条件の物件が見つからない」「買ったけど、なかなか自宅が売れない」など、タイミングを誤ると買い替えは上手くいきません。スムーズな買い替えのためには、いつ、何をすべきかを、事前にしっかり計画する必要があります。

【図解】お買い替えの流れ

不動産の買い替え時においては、ご売却を先行する、ご購入を先行する、いずれの場合も最終的には、物件お引渡しのタイミングをどのように調整するかが最も重要なポイントとなります。お取引き毎に、さまざまなケースが考えられますが、代表的な物件お引渡しのケースにつき詳しく解説させていただきます。

1

売り先行型

まずは家を売って資金を確保する方法ですので、ご購入の資金計画も立てやすく、安全・確実な方法です。但し、一旦仮住まいをしなければならない、引越しを2回しなければならない、そのため余分な費用がかかる・・・など、デメリットもあります。

2

買い先行型

ご売却資金に頼らずに新居を購入する方法ですので、予算の裏づけがしっかりしている方、資金力のある方向きのお買い替え方法となります。ご購入物件をじっくり探すことができる、仮住まい費用がかからないほか、ご売却物件を空き家にしてから売り出すことができるので、売り家の全てをご購入希望者にお見せできる、住みながらの売却に伴う気疲れがない・・・など、ご売却に関してもメリットがあります。

3

買い先行型(つなぎ融資)

ご売却資金で完済することを条件に新居購入資金を一時的に借り入れする、買い先行型方法のひとつです。買い先行型のメリットを享受できる反面、万一、売却期間が長引いた場合、売却価格が予測を下回った場合などには、お買い替え計画全体に支障をきたすリスクがあります。つなぎ融資のご利用には、しっかりとした売却計画と売却価格の予測が重要となります。