不動産の知識・税金の知識

知っておきたい
税金の基礎知識

知っておきたい税金の基礎知識インデックスへ

不動産の購入・売却時にかかる税金のポイントを、わかりやすくまとめました。

2.不動産を取得したときにかかる税金

2

登録免許税

(1)登録免許税の概要

 登録免許税とは、不動産を取得したり会社を設立したりして、登記をする際にかかる税金をいいます。不動産を取得したときは、その不動産の権利を明らかにするために、通常は、土地については所有権の移転登記、建物については表題登記、所有権の保存登記などを行います。また、住宅ローンを組むときは、抵当権の設定登記を行います。

コラム
不動産取引と登記の種類

それぞれの状況に応じ、次のような登記が必要となります。
①家屋を新築したとき ........................................ 表題登記
②家屋を増築したとき ........................................ 表題の変更登記
③土地・家屋を購入したとき ................................ 所有権保存登記、所有権移転登記
④土地・家屋を相続したとき ................................ 相続による所有権移転登記
⑤土地・家屋を遺贈・贈与により取得したとき ......... 遺贈・贈与による所有権移転登記
⑥借入れによる抵当権の設定 ................................ 抵当権設定登記

(2)登録免許税の納税義務者

 登録免許税の納税義務者は、その不動産の登記を受ける人です。登記を受ける人が2人以上いるときは、これらの人は、連帯して納付する義務を負います。

(3)登録免許税の税額計算

 登録免許税の税額は、次の算式により計算します。
  課税標準 × 税率 = 税額

(4)登録免許税の課税標準

 不動産に関する登録免許税の課税標準は、登記する資産の固定資産税評価額です。また、抵当権の設定登記に対する登録免許税については、その課税標準は債権金額となります。

前へ 1 / 2 次へ

本コンテンツの内容について

平成29年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。本コンテンツは不動産の売買を検討される方々の参考となる不動産に関する税金の概略を説明するものであり、 本コンテンツを利用してなされた個々の取引について弊社は何ら責任を負うものではありません。