知っておきたい不動産売買の基礎知識

不動産の知識・税金の知識

知っておきたい
不動産売買の基礎知識

知っておきたい税金の基礎知識インデックスへ

これから不動産を売却または購入をされる方のための不動産売買に関するさまざまな情報を掲載しています。

3.価格─しくみと適正価格を知る

2

適正価格を知る方法

 不動産の適正価格を知る方法として、次の方法があげられます。

1.地価公示価格、地価調査価格を参考にする

 一般に公表されている土地の価格として、地価公示制度に基づく地価公示価格、地価調査制度に基づく標準価格があります。地価公示価格とは、都市およびその周辺地域において、国土交通省が毎年1月1日現在の標準地の価格として発表する価格のことです。標準価格とは、同様に都道府県知事が毎年7月1日現在の基準地の価格として発表する価格のことです。

 対象土地の近隣にある公示価格または標準価格と比較して、対象となる土地の価格を推定することができます。

2.周辺の取引事例、売物件の価格を調べる

 一般の人が比較的簡単に相場を把握する方法として、近隣における取引事例や売出価格を調べるという方法があります。新聞の折込チラシや、不動産会社の店頭広告、住宅情報誌、インターネット情報などから対象物件の周辺でいくらくらいで売り出されているのか知ることができます。

 ただし、中古物件などは売出価格をもとに、価格交渉により取引価格が決定されることが多く、売出価格と成約価格とは異なる場合も多いので注意が必要です。また、長い間売りに出されている物件の場合は、適正価格よりも上回った価格であると判断されます。

 国土交通省は、平成18年から市町村ごとに実際に取引された事例のうち、取引価格を把握できた事例を公開しています。国土交通省のホームページにアクセスして条件を指定して検索することで取引情報を閲覧することができます。

3.不動産業者に価格査定を依頼する

 不動産業者は、常に不動産売買に携わっているため、周辺地域の物件情報は豊富であり、取引事例などの資料も持っているので、不動産の価格にも精通しています。

 不動産業者に価格査定を依頼した場合、その評価額だけでなくなぜそのような価格に至ったのか査定のプロセスについても確認しておいた方が良いでしょう。

4.鑑定評価を依頼する

 不動産の価格を鑑定評価する専門家に国家資格である不動産鑑定士がいます。不動産の適正価格を知りたい場合、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼する方法があります。不動産鑑定士は不動産の価格を形成するさまざまな要因を検討して対象不動産の経済価値を判定し、その結果を価格に表示し、鑑定評価書として交付します。ただし、鑑定評価報酬が必要となりますので、事前に費用の確認が必要です。

3

タイミングと価格

 現在住んでいる住宅を売却して、新しい住宅を購入する場合には、売却と購入のタイミングを考慮したスケジュールを検討することが必要です。新しい住宅の購入代金の支払時期が決まっている場合は、それまでに現在住んでいる住宅の売却を完了させなければなりません。その場合、売り出しの価格がその不動産の相場より高い価格であれば、買主が見つかるまで時間がかかり計画どおり売却ができないことにもなりかねません。

前へ 2 / 3 次へ

本コンテンツの内容について

平成28年4月1日現在の法令に基づいて作成されています。本コンテンツは不動産の売買を検討されている方々の参考となる法令等の概略を説明するものであり、本コンテンツを利用してなされた個々の取引について弊社は何ら責任を負うものではありません。