三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
BTS型・マルチテナント型(物流施設の??)
読み:びぃーてぃーえすがた・まるちてなんとがた(ぶつりゅうしせつの~)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。
(1)BTS型
特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。BTSは、英語のBuild To Suitの略語である。
(2)マルチテナント型
複数のテナントに対して賃貸する物流施設で、建設後にテナントを募集する場合が多く、テナントの入れ替えにも対応できるように、汎用性のある施設として建設される。

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。 必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

テナント

事務所ビルや商業スペースの賃借人をいう。大型商業ビルにおいて、集客の中心となるのが「キーテナント」である。   テナントの業種構成や配置、賃料の設定などは、ビルの性格を決め、その収益性を左右する。

関連用語