三井住友トラスト不動産

用語集からキーワードを検索する
賃貸住宅管理業者登録制度
読み:ちんたいじゅうたくかんりぎょうしゃとうろくせいど

賃貸住宅管理を業務として行なう者を登録する制度をいう。国土交通省の告示に基づくもので、業者に登録の義務はないが、登録によって、事業者情報が開示されるほか、業務ルールの徹底などの効果が期待できる。

登録した賃貸住宅管理業者は、毎年、財産の分別管理等の状況を報告しなければならない。また、国土交通省が定めた賃貸管理業務に関するルール(賃貸住宅管理業務処理準則)を遵守する義務を負う。同準則には、重要事項の説明、業務の一括再委託の禁止、財産の分別管理、秘密の保持等が規定されている。

賃貸住宅管理業務処理準則

 賃貸住宅管理を業務として行なう場合に基準となるルールをいう。国土交通省の告示に基づくもので、賃貸住宅管理業者として登録した事業者はこれを遵守する義務を負っている。 同準則が定める主要ルールは次の通りである。 (1)禁止行為 ・不実告知、不確実事項に関する断定的判断の提供、重要事実の不告知等 ・費用その他についての誇大広告等 (2)重要事項の説明・書面交付の義務 ・賃貸人に対して:管理受託契約の内容(業務の内容・実施方法、費用、再委託、免責などに関する事項)等 ・賃借人に対して:管理業務の内容・実施方法等 (3)管理業務の方法 ・基幹業務についての一括再委託の禁止 ・家賃等の分別管理義務 ・賃貸人に対する事務報告義務 ・業務に関して知り得た秘密を漏らさない義務