不動産売却・購入の三井住友トラスト不動産:TOPお役立ち情報物件選びのワンポイントアドバイス物件選びのワンポイントアドバイス(新築一戸建て)

物件選びのワンポイントアドバイス(新築一戸建て)

売却・購入・住み替えの知識

物件選びの
ワンポイントアドバイス

物件選びのワンポイントアドバイスインデックスへ

不動産の下見の時に役立つワンポイントアドバイス。チェックリスト付きです。

新築一戸建て

新築一戸建ての基本構造部分は、平成12年施行の「住宅の品質確保の促進等に関する法律」によって10年間の修補責任が付いていますが、建築現場に足を運び、ご自身の目で確認しておくと更に安心です。

下見をするときのチェックポイント

check
1

建築過程の写真などを見せてもらう

既に完成している物件でも、売主(請負主)は建築過程の写真を保有している場合があります。基礎打ち・棟上・・・など各工程の写真をチェックしましょう。

check
2

建築中の現場を見学する

売主(請負主)が現在建築中の現場が他にあるようでしたら、是非その現場を見ておきましょう。外壁や内壁材が貼られる前の状態であれば、基礎や構造を確認することができます。

check
3

分譲済の現場を見学する

売主(請負主)がこれまでに分譲した物件が近くにあれば、一度見学しておくとよいでしょう。建築実績が多いことも安心の一つの目安です。

check
4

騒音・交通量のチェック

可能な限り曜日・時間帯・天候などの条件を変えて、何度も現地に行ってみましょう。 平日と休日では、車の交通量が大きく異なることも珍しくありません。

check
5

利便性のチェック

駅やバス停からの距離、商店街や利便施設への距離等を実際に歩いて確認しましょう。自分の通勤時間帯に合わせて実際に交通手段を利用してみると、所要時間や混み具合が把握できます。

物件の下見に行く時に役立つチェックリストです。ぜひご利用ください。

PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe社のウェブサイトよりダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロード