写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
住吉・芦屋
神戸市東灘区、芦屋市一帯は、北に六甲山地、南に大阪湾を控え、海と山の幸に富んだ温暖で豊かな場所。古くは農業や漁業に従事する人々が暮らし、平安時代には貴族・皇族の別荘地であったともいわれる。江戸時代からは全国に名高い清酒の産地となった。また、大阪、神戸の中心部に近いことから、阪神間の鉄道開業後は、実業家らが移り住む住宅地となり、住吉、御影、芦屋といった地域は日本を代表する高級住宅地として発展した。この地には、大正、昭和前期を中心に独自の文化が花開き、現在ではその時代の文化や建造物は「阪神間モダニズム」と呼ばれ、その価値は高く評価されている。
現在も二大都市を結ぶ阪神、国鉄、阪急の三路線 かつては路面を走る阪神国道線も存在
阪神間には、官営鉄道に続いて、阪神、阪急が次々と路線を開設、新しい駅を設けていった。このうち国道2号の上を通る阪神国道線の、ここに描かれている区間は、1974(昭和49)年に廃止されている。(画像は昭和前期)
「六麓荘」の高級ホテル 戦後は「芦屋大学」に
「六麓荘」の高台に建つ「芦屋国際ホテル」は、1939(昭和14)年に建てられた高級ホテル。戦後にGHQに接収された後、1959(昭和34)年からは「芦屋女子短期大学」(現「芦屋大学」)の1号館として使用されていたが「阪神・淡路大震災」後に建て直されたため、現存していない。(画像は昭和前期)
明治32年に移転してきた師範学校 後に「神戸大学」に発展
現在の「神戸大学教育学部」の前身の一つである「兵庫県師範学校」は1899(明治32)年、武庫郡御影町(現・東灘区)に移転し、1901(明治34)年に「兵庫県御影師範学校」と改称。1936(昭和11)年に「姫路師範学校」と統合され、旧校名に戻った。現在、跡地付近には「神戸市立御影中学校」や商業施設などがある。(画像は大正前期)
「芦屋駅」に停車する電車 明治38年に阪神本線が開通
1905(明治38)年、「出入橋駅」(現在の「梅田駅」の西側付近)・「神戸駅」(現「神戸三宮駅」)間の阪神本線が開通し、「芦屋駅」が開業した。電車の左側には、芦屋川に架かる橋の欄干が見えるほか、右側には「芦屋遊園」の看板が写っている。(画像は明治後期~大正期)
大阪茶臼山から移転、昭和12年まで住友本邸として存在
住友家は大正初めに完成した大阪茶臼山の本邸地を大阪市に寄付することになり、1925(大正14)年、代わりの本邸地として、この住吉村字反高林(たんたかばやし)の地に邸宅を構えた。戦後は「住吉クラブ」などとして利用され、1977(昭和52)年から1985(昭和60)年までは、現在、京都にある「住友史料館」の前身である「住友修史室」が置かれていた。跡地は、現在マンションとなっている。(画像は昭和前~中期)
六甲山地から流れる天井川 石屋川
六甲山地から流れ出る石屋川は、付近に「御影石」を加工する石材店が並んでいたのが川名の由来とされる。中流域は天井川であったため、阪神間の官営鉄道敷設時に日本初の鉄道トンネルが建設された。この写真の左手には、清酒の看板が写っている。(画像は明治後期)
住吉などで行われていた地引網漁 とったイワシは肥料に
十六世紀の末頃から、イワシ(干鰯)は綿花栽培などに効果的な肥料となり、この地域の浜でとれたイワシも大阪の干鰯問屋に送られていた。阪神間の地域でもこうしたイワシなどの小魚をとる地引網漁が行われていた。(画像は明治後期)
関西で最初の海水浴場 海の家が並ぶ風景
「打出浜」は、阪神本線の開通により、南海電鉄沿いの「浜寺」とともに関西最初の海水浴場となり、海の家(休憩所)が建ち並んだ。その後、西宮の香櫨園、芦屋などの浜辺も海水浴場となってゆく。(画像は明治後期)
東に住吉川、西に石屋川が流れる高級住宅地
現在の御影浜町、住吉浜町、魚崎浜町が埋め立てられる前の住吉村(現・東灘区)の1921(大正10)年の地図に当時の主な施設などをしめしたものである。西に石屋川、東に住吉川が流れ、東明、石屋、御影、郡家、住吉、魚崎、横屋の地区が並ぶ。この年までに、東海道線「住吉駅」、阪神電気鉄道には「石屋川駅」、「御影駅」、「住吉駅」、「魚崎駅」の4駅が、阪神急行電鉄神戸線には「御影駅」が置かれていた。阪神国道は予定線として描かれている。
また、地図の中で目立つのは、学校などの用地であり、「御影師範学校」、「御影小学校」があり、地図東側の住吉川沿い、北反高林に「甲南学校」(現「甲南幼稚園・小学校)」がある。阪急の「御影駅」の南東、千本通の北側に「弓弦羽神社」があり、その東側に「村山龍平邸」の敷地が広がっている。
住吉川西側に続く堤上、観音林、北反高林、南反高林には、「野村元五郎邸」、「住友本邸」など、この地に移住した実業家・資産家の邸宅が存在していた。(地図は1921(大正10)年の『魚崎町、住吉村、御影町新地図 阪神沿道案内』 1921年 前田慶三 国立国会図書館蔵 を加工)

※企画制作協力/画像古地図提供 / 田中真治、生田誠(※クレジット表記のないもの全て)

トップへ戻る