写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
住吉・芦屋
神戸市東灘区、芦屋市一帯は、北に六甲山地、南に大阪湾を控え、海と山の幸に富んだ温暖で豊かな場所。古くは農業や漁業に従事する人々が暮らし、平安時代には貴族・皇族の別荘地であったともいわれる。江戸時代からは全国に名高い清酒の産地となった。また、大阪、神戸の中心部に近いことから、阪神間の鉄道開業後は、実業家らが移り住む住宅地となり、住吉、御影、芦屋といった地域は日本を代表する高級住宅地として発展した。この地には、大正、昭和前期を中心に独自の文化が花開き、現在ではその時代の文化や建造物は「阪神間モダニズム」と呼ばれ、その価値は高く評価されている。
豊かな緑と水の六甲山地 花崗岩は切り出され「御影石」に

昭和前期画像は昭和前期

神戸市から芦屋市、西宮市の北側に広がる六甲山地は、緑の豊かな山であり、山から流れ出る、豊かな湧水の存在は御影や魚崎などの酒造りの里を育んだ。また、良質な花崗岩の石材産地としても知られ、安土桃山時代には「大坂城」の築城の際にも使用された。

画像は1911(明治44)年画像は1911(明治44)年

六甲山地から切り出される石材は、江戸時代に評判となり、地名をとって「御影石」と呼ばれ、船で運ばれ全国各地に売り出された。御影は「御影石」の積み出し港としても栄えた。左の写真は「御影石」の採石場の様子。

「灘五郷」と地域の発展

御影町本通りの様子(画像は1911(明治44)年)御影町本通りの様子(画像は1911(明治44)年)

灘という言葉は、潮目の激しい海の難所のことで、この地域では古くは芦屋・打出から兵庫までの広い海岸を指していた。
江戸時代に、灘は酒の産地として全国的に有名となり、「灘五郷」という名称が生まれた。現在は「西郷」、「御影郷」、「魚崎郷」、「今津郷」、「西宮郷」を「灘五郷」と呼んでおり、現在の東灘区内には、「魚崎郷」と「御影郷」が存在する。
「櫻正宗」(「魚崎郷」)の山邑家は、元は伊丹にあった老舗酒造家。六代目山邑太左衛門は、酒造りに適した「宮水」を発見、さらに現在全国に広まっている酒銘である「正宗」の名付け親(元祖)として、その後の酒造りに大きな影響を与えた。また、山邑家の山邑太三郎は、1910(明治43)年から当時の武庫郡魚崎村長、町制施行を経て魚崎町長を、合わせて2期務め、地域の発展を支えた。
「御影郷」の「菊正宗」は本嘉納、「白鶴」は白嘉納という同じ一族の経営である。二代目御影町長も務めた、「菊正宗」の八代目嘉納治郎右衛門は、現在全国でも有名な、旧制「灘中学校」の代表者として、「白鶴」の嘉納家と「櫻正宗」の山邑家とともに、設立のために尽力した。さらに、灘地方に酒造業者の金融機関として設立された「摂州灘酒家銀行」の後を受け、「灘商業銀行」を設立。1923(大正12)年に業務を開始し、死没するまで長く頭取として地域に貢献し続けた。「白鶴」の七代目嘉納治兵衛は1933(昭和8)年に建設された「御影公会堂」の建設費の大半を寄付したことでも知られる。さらに、1934(昭和9)年に開館された「白鶴美術館」の設立にも尽力するなど、多くの面で地域貢献を果たした。
こうして酒造家たちは、家業を展開させるとともに、地域の文化・経済的な発展にも大きな力を注いでいったのである。

「西本願寺」法主、大谷光瑞の別邸 3本ものケーブルカーを設置

画像は大正期画像は大正期

1909(明治42)年、六甲山に「西本願寺」22世法主、大谷光瑞の別邸「二楽荘」が建造された。本館は贅を尽くした建物として、大きな話題となった。総面積約24万6千坪の敷地に3本ものケーブルカーまで存在したという。1932(昭和7)年に火災で焼失した。

画像は大正期画像は大正期

「二楽荘」の本館前には、広い洋風庭園が設けられ、屋内からも瀟洒な風景を楽しむことができたという。

住吉の地域コミュニティ 「観音林倶楽部」と「灘購買組合」

新築された「灘購買組合」本部前での様子(画像は1933(昭和8)年)新築された「灘購買組合」本部前での様子(画像は1933(昭和8)年)

住吉周辺には官営鉄道に続いて、1905(明治38)年に阪神本線が開通した。これと同時期に、後の「日本住宅株式会社」社長の阿部元太郎と「住友銀行」初代支配人の田辺貞吉が、住吉村の観音林、反高林(たんたかばやし)一帯、約1万坪の山林を村から借り受けた。上下水道や井戸を整備し、住宅地として開発されて以降、この地には財界人たちが次々と移り住み、高級住宅地として発展する。そんな中、住民たちによって子女の教育のための施設が計画され、「神戸商業学校」校長の経験があった平生釟三郎などが創立に携わり、1911(明治44)年に「甲南幼稚園」が、翌年には「甲南小学校」が開校した。
1912(明治45)年には、住民同士の交流やまちづくりを考える場として、日本初の地域コミュニティともいわれる「観音林倶楽部」が設立される。「観音林倶楽部」の会員は、それぞれ私財を投じて「甲南学園」などの教育事業や「灘購買組合」(現「生活協同組合コープこうべ」)といった生協組織も展開していった。
「灘購買組合」は、1921(大正10)年に那須善治により創設された。「社会事業にお金を投資したい」と考えていた那須は、平生釟三郎に相談し、当時「神戸購買組合」設立に尽力していた賀川豊彦を紹介される。これをきっかけに「観音林倶楽部」で話し合いが行われ、「灘購買組合」は設立された。組合は「観音林倶楽部」の会員が中心であったが、当時周辺より高かった住吉村の物価を下げ、元来の住民にも良い結果となったという。その後、1962(昭和37 )年には「神戸購買組合」から発展した「神戸生活協同組合」と合併、1991( 平成3 )年に「生活協同組合コープこうべ」と改称している。

高級住宅地として発展した芦屋

精道村役場(画像は大正期)精道村役場(画像は大正期)

芦屋は、日本を代表する高級住宅地として戦前から有名な場所で、1943(昭和18)年から雑誌連載が始まった谷崎潤一郎の名作『細雪』の舞台としても登場する。
市制が敷かれる1940(昭和15)年までは精道村であったこの地域は、交通の発達とともに発展していく。1905(明治38)年に浜側を走る阪神本線が開通して「打出駅」、「芦屋駅」の2駅が置かれ、1913(大正2)年に国鉄(現・JR神戸線)「芦屋駅」が開業し、交通の利便性が向上したこともあり、この地は農村から住宅地に変貌を遂げることになる。1920(大正9)年には阪急電鉄も開通し、山手側の宅地開発も加速された。
また、芦屋を代表する住宅地として駅から離れた山側に位置する「六麓荘」も挙げられる。ここは国有林であった場所を1928(昭和3)年から、「株式会社 六麓荘」により、スケールの大きな街づくりが計画的に行われた。地形を利用した幅の広い曲線状の舗装道路が設けられ、住宅地の一区画は300~400坪以上の広さとされた。上下水道や都市ガスも整備され、風致を守るため、電線も地下に埋められた。当初は、スケート場、テニスコートなどのレジャー施設も設けられ、独自のバスも運行されていた。
芦屋では、この「六麓荘」に隣接する岩園町や朝日ケ丘町なども高級住宅地となり、大きな住宅が建ち並ぶようになった。さらに1975(昭和50)年には、芦屋浜地区の埋立工事が完成するなど、新たな住宅地も誕生している。

「阪神間モダニズム」と東灘区・芦屋市

『細雪』も執筆された谷崎潤一郎の旧居「倚松庵(いしょうあん)」『細雪』も執筆された谷崎潤一郎の旧居「倚松庵(いしょうあん)」

大阪と神戸という二つの都市に挟まれたこの地域は、もともと地域住民の文化的な意識も高く、神戸の開港以降は、外国の文化も伝わり、さらに資産家や芸術家らが移り住んだことで豊かな文化的土壌が育まれてきた。1990年代、地元の研究者や学芸員がそうした文化を「阪神間モダニズム」と名付け、研究や発表・展示が行われるようになった。この阪神間の定義には諸説あるが、主に二つの都市に挟まれた尼崎、西宮、伊丹、宝塚、芦屋の各市を指し、戦前は独立した町村(御影町・住吉村・魚崎町など)だった神戸市東灘区も含まれている。
1990年代当時は、この地域には主に大正・昭和戦前期に建てられた建造物がまだ多く残っており、こうした建造物を再評価、保存する動きとなって現れた。しかし、1995(平成7)年に発生した「阪神・淡路大震災」は、歴史的建造物に多大な被害を与え、地域に残された芸術作品にも危機が訪れた。そうした被害からの救済、復興なども必要となり、作家や作品の再評価も行われたが、かなりの建造物が安全上の理由もあって取り壊されている。
「阪神間モダニズム」を代表する建造物として、この地域(東灘区・芦屋市)に残るものは、「旧山邑邸」、「滴翠美術館」、「白鶴美術館」、「御影公会堂」などである。また、この地域で活躍した芸術家として、作家の谷崎潤一郎、画家の小出楢重、写真家の中山岩太、作曲家の貴志康一らがいる。


※企画制作協力/画像古地図提供 / 田中真治、生田誠(※クレジット表記のないもの全て)

トップへ戻る