写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
現在、国内でも有数の繁華街として知られる新宿。江戸時代に宿場町が開かれて以降、盛り場として発展した。明治時代に入ると鉄道が敷かれ、次第に賑わいの中心は「新宿」駅寄りに移っていった。戦後の闇市の形成と時を同じくして、復興計画により歌舞伎町も誕生、繁華街の賑わいは一層高まった。平成になると、東京都庁舎が新宿へ移転。行政の中心“副都心”としての機能も加わり、更なる発展を遂げている。
内藤家の屋敷地が、宿場町に変貌
宿場町が開かれる前のこの地には、信州高遠藩主の内藤家や、江戸幕府旗本の朝倉家の屋敷地が並んでいた。内藤家が幕府に返上した屋敷地の一部に宿場町が造られたことが、「内藤新宿」と呼ばれる所以だ。宿場は「上町」「仲町」「下町」に分けられており、「太宗寺」などの現存する寺社も見て取れる。現在の西新宿にあたる西(上)側は、「十二社(熊野神社)」があるのみで、原野が広がっている。(地図は1849-1862(嘉永2-文久2)年)
盛り場から離れた場所に完成した「内藤新宿」駅(初代駅舎)
1885(明治18)年、日本鉄道「新宿」駅は「内藤新宿」駅として完成。初代駅舎は現在の「ルミネエスト」の位置にあった。当時は人通りもまばらで駅舎も木造、駅前には茶屋があるだけだった。発着する列車も2両編成、改札口は1ヶ所、駅の乗降客は1日50人程度だったという。(画像は1911(明治44)年)
新宿にオープンした百貨店の先駆け、「ほてい屋」
関東大震災以降、3代目「新宿」駅舎の周辺に、百貨店、映画館が矢継ぎ早に建設された。1926(大正15)年に新宿三丁目にオープンしたのが「ほてい屋」である。その後、競合する百貨店が新宿に進出すると、安売り商法が裏目に出て業績は悪化。1935(昭和10)年には、隣接して建てられた「伊勢丹」に買収され、短い歴史に幕を下した。「ほてい屋」の建物は「伊勢丹」に一体化される形で現存している。(画像は大正期~昭和初期)
江戸時代を通じて人々の喉を潤し、生活用水に使われた玉川上水
「玉川上水」は、1653(承応2)年4月4日に着工し、11月15日に完成した。当時、江戸の人口増加により1629(寛永6)年頃に完成していた「神田上水」などでは水の供給が足りなくなっていたため、開発が進められた。「玉川上水」は武蔵野台地の尾根を流しているため分水が可能であり、水の乏しい武蔵野台地上の開発に大きな役割を果たした。(画像は1856(安政3)年)
高層ビル街に変わる前の淀橋浄水場の全景
写真は、昭和中期に撮影された「淀橋浄水場」の様子。1960(昭和35)年に新宿副都心計画が都市計画決定されると、「淀橋浄水場」の機能は「東村山浄水場」に移されることになり、1965(昭和40)年3月31日、その歴史に幕を下ろした。その後、広大な浄水場の跡地は、高層ビル街へと変貌を遂げた。現在の西新宿は、浄水場の貯水池の高低差を活かした立体的な街となっている。(画像は昭和中期)
大正から昭和へ 時代の変遷を見守った新宿御苑
大正天皇は、1926(大正15)年12月25日、静養していた葉山御用邸(神奈川県三浦郡葉山町)で崩御された。47歳という若さであった。翌年の1927(昭和2)年2月7日から大喪儀が行われ、「新宿御苑」が大喪の礼の会場となった。皇居から御苑までの沿道の整備が行われ、苑内には葬場殿や正門、参列者控所などの施設が建設された。天皇の霊柩を乗せた大喪列車の発着のため、急きょ「新宿御苑仮停車場」も設置された。(画像は1927(昭和2)年)
震災が引き金となり、「新宿」駅の利用者が急増(3代目駅舎)
1923(大正12)年に発生した関東大震災は、東京の人の流れを大きく変えることになった。当時、東京西部に広がる武蔵野台地上の宅地開発が進められており、震災で大きな被害を受けた浅草や両国などの下町から、地盤の安定した西部へと移り住む人が急増した。「新宿」駅は、こうした動きを受けて利用者が増加。1925(大正14)年、現在の東口側に鉄筋コンクリート造2階建ての3代目駅舎が完成したころから、駅前の市街地化が進んでいった。(画像は昭和初期)
店内に響く歌声に人々が明るい未来を託した
戦後復興が加速していた1954(昭和29)年、食堂で人々が歌を口ずさんだことをきっかけに、「西武新宿」駅前に生まれたのが歌声喫茶「灯」(現・「ともしび」)であった。
ステージリーダーと一緒に、喫茶に集った人々が朗らかに歌いあげる歌声喫茶のスタイルは瞬く間に東京各地に広がった。最盛期には都内に20軒もの歌声喫茶があったという。「ともしび」は現在も存続し、新宿で誕生した高度成長期の象徴といえる文化を今に伝えている。(画像は1960年代)
はじめて完成した近代的な水道施設、淀橋浄水場
近代的な浄水場の建設を決めた政府は、高低差を利用して市街地に配水が可能な淀橋に白羽の矢を立てた。委員会設置から5年後の1893(明治26)年に起工式が行われ、1898(明治31)年に完成。早くも翌年には東京市内全域で利用できるようになった。「淀橋浄水場」の完成による上水道の整備は、東京の衛生環境を大きく改善した。(画像は大正期)
江戸時代の宿場町から、明治以降の駅前へ。繁華街の移り変わり
江戸時代、新宿の繁華街といえば、宿場町「内藤新宿」周辺が中心だった。内藤家の江戸屋敷だった「新宿御苑」や、「太宗寺」などの寺院が当時の面影を残している。明治以降になると、人々の移動手段は徒歩から鉄道へと変わっていく。新宿の繁華街は、かつての宿場町周辺から次第に「新宿」駅方面へと移っていった。
1923(大正12)年の関東大震災をきっかけに、住宅地としての開発が進んだ東京の西側へと向かう人の流れが生まれ、「新宿」駅は郊外から通勤する人々のターミナルとして発展していく。同時に、駅前の開発が進み、昭和初期になると「三越」「ほてい屋」「伊勢丹」などの百貨店、「帝都座」「武蔵野館」などの映画館に多くの人が集まった。また、「新宿中村屋」や「新宿高野(タカノフルーツパーラー)」などからは、新しい時代の食文化が発信された。戦後、焦土と化した新宿は復興を遂げ、歌舞伎町などの街も誕生していくことになるが、現在みられる新宿の骨格は昭和初期に形成されたといっていいだろう。(地図は1933(昭和8)年)

トップへ戻る