写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
東京都西南部における主要都市である「町田」。古くは鎌倉街道沿いの「本町田」地区が宿場として賑わい、開国後には、生糸の輸送ルートとして町田街道(『絹の道』)が利用されたことから、街道沿いの「原町田」地区が物資の中継点として繁栄した。貿易港である「横浜」との結びつきも強く、一時は神奈川県に属していた。この「原町田」地区には、横浜鉄道(現・JR横浜線)、小田急線の駅が開業、現在に至るまで町田の中心地となっている。その後も国鉄(現・JR)駅の小田急寄りへの移転、駅前の再開発が行われ、さらなる街の整備が続いた。
町田街道沿いの「二・六の市」が原町田商店街の起源
原町田一帯では、農業以外の副収入として1587(天正15)年から町田街道にて「二の市」を開催。これが発展して天保の頃には「二・六の市」となり、現在の原町田商店街の原型となった。当初は町田原産の炭・薪・蚕糸・綿糸・畑作物などを扱っていたが、町田街道が『絹の道』として発展し、さらに鉄道が開通したことで一大商業地としての土台が築かれていった。写真は大正期のものと思われる。
町田最古の老舗乾物店「柾屋商店」
町田にある乾物店の中で最も長い歴史を持つ「柾屋商店」は、1895(明治28)年の創業。海産物や山の幸など遠方の作物を乾物として取り扱うことで、古くから町田の人々の食生活を支えてきた。
「河原本店」前の街並み
写真は昭和初期の町田街道、原町田四丁目付近。「河原本店」は大正時代からある老舗乾物店で、今も当時から場所を変えずに営業している。明治時代のこの付近には、横浜から入ってきた西洋文化を受け、洋品店も多く存在していた。その中の1つである「小林洋文堂」は、現在は街道沿いからは離れたが、文具等の販売会社として営業している。
市街地再開発前の「町田」駅周辺
駅前再開発計画は、1968(昭和43)年に市の「長期総合計画基本構想」がまとまってから市民と行政との話し合いを重ねて進められていった。写真は1970年代の小田急「町田」駅周辺。大丸ビル(現在のmodi)手前の横浜線沿いに、1980(昭和55)年9月「町田マルイ」が、画面中央部の空地に、10月「東急百貨店」がオープンする。小田急と国鉄を結ぶペデストリアンデッキが完成したのは同年10月24日であった。
戦後復興期の催事チラシに描かれた原町田商店街
1950(昭和25)年、町田市内の7商店会により「町田市商店会連合会」が結成。商店街イベントを積極的に開催し買い物客を楽しませた。当時のチラシに描かれた商店街マップを見てみると、現在も営業を続けている店舗がいくつか見受けられる。「富澤商店」や「柾屋商店」、「柿島屋」(柾屋商店と柿島屋は移転前の場所)のほか、「新宿屋ホテル」や「久美堂書店」も町田市民にはなじみ深い。「吉川百貨店」の跡地は現在「ぽっぽ町田(町田まちづくり公社ビル)」となっている。
『絹の道』が運んだ近代思想と自由民権運動
この地図は、1879(明治12)年頃の神奈川県全域を示した「神奈川県管内地図」。現在の町田市域を含めた多摩地区は、当時神奈川県に属していた。その後、1893(明治26)年に多摩地区(西多摩郡、北多摩郡、南多摩郡)は東京府へと移管され、地図上に示した赤い線が東京府と神奈川県との境となった。『絹の道』は物流の他、外国の思想や文化も伝える道ともなり、武相地域では自由民権運動も拡大、多摩地区の東京府移管の理由の1つとなった。
製菓材料を中心に扱う 大正創業の「富澤商店」
1919(大正8)年創業の「富澤商店」。開業当時は干物や乾物の取り扱いが中心だったが、時代の流れに合わせて、現在はパン作りやお菓子作りの材料を中心に取り扱っている。創業以来、原材料の調達から販売まで一貫して自社体制を続け、徹底した品質管理に努めている。
1908(明治41)年に開業し、町田の発展を後押しした「原町田」駅
1980(昭和55)年頃の駅名標。「成瀬」駅が設置されたのが1979(昭和54)年4月のため、「なるせ」の部分だけ新しく書き換えて使用されていた。また、「古淵」駅が設置されたのが1988(昭和63)年のため、当時の隣駅は「淵野辺」駅であった。
市民主導で行われた「みんなの祭り・23万人の個展」
1973(昭和48)年9月23日、町田で初の市民祭「みんなの祭り・23万人の個展」が開催された。これは「市民どうしの交流」と「ひとりひとりが祭りの担い手に」という趣旨で名付けられたもの。子どもから大人まで進んで出店し、盛り上がりを見せた。
「学園村」構想により発展する「玉川学園」エリア
成城高校の校長を務めていた小原國芳が本町田に土地を購入し創立した「玉川学園」。小原はこの地を通る小田急線に駅舎を無償提供し「玉川学園前」駅が開業する。写真は1929(昭和4)年頃の現地付近の様子を伝える貴重な1枚。また、学園建設の資金として宅地も分譲し、学者や文化人なども多く住むようになった。その後、閑静な住宅地としても発展を続けている。

※「町田街道」を『絹の道』と命名したのは八王子の郷土史家である橋本義夫氏。昭和30年代に著書などで提唱され、近年定着した名称であるが、ここでは「町田街道」の歴史的役割を端的に伝えるため、古い時代の「町田街道」についても『絹の道』と表現している。

トップへ戻る