写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
JR中央線と京王井の頭線が交わる交通アクセスの要衝でもある「吉祥寺」駅。開業当時は農村が広がるだけだった駅周辺だが、関東大震災や第二次世界大戦といった激動の時代、そして昭和30年代後半から始まる都市計画を経て、大きく発展を遂げている。「井の頭恩賜公園」に代表される武蔵野の豊かな自然と、多彩なショッピング施設に恵まれた「吉祥寺」は、住みたい街ランキングで上位をキープするほどの人気を集める街になった。
古い写真からこの街の歴史をひもとき、成熟した「吉祥寺」の人気の秘密を探ってみたい。
米軍宿舎跡は市民の働きかけで「武蔵野中央公園(はらっぱ・むさしの)」へ
「住み続けたい街」として 進化し続ける吉祥寺
江戸時代から景勝地として親しまれた「井の頭池」の周辺に広がる「吉祥寺」。
玉川上水開通後に誕生したこの地域の新田集落には、明暦の大火で焼失した「吉祥寺」門前町(江戸本郷元町)に暮らしていた人々が移住。かの地への郷愁から新天地を「吉祥寺」と名付けたという。
関東大震災後、吉祥寺は地震による被害が少なかったこと、甲武鉄道が開通していたことなどから、東京市内より多くの被災者が移り住んできた。「東京女子大学」などの教育施設も吉祥寺に移転し「文教の街」という側面も持つようになる。
昭和に入ると、「中島飛行機 武蔵製作所」など軍需工場が進出したが、戦争での空襲で焼失。「中島飛行機」東工場跡地は、野球場を経て集合住宅へと姿を変える。一方で西工場跡地は接収され米軍宿舎となったが、1973(昭和48)年の返還後、1989(平成元)年に市民運動を経て「武蔵野中央公園」となった。この跡地利用に「武蔵野方式」と呼ばれる、市民が積極的に参加するまちづくりがみてとれる。
1962(昭和37)年に発表された駅周辺の都市計画は、地域住民を中心に多くの議論を巻き起こした。都市計画事業は1964(昭和39)年に計画決定された後、1987(昭和62)年まで続き、地元の商店街などを巻き込みながら、吉祥寺を更に発展させていった。
時勢の求めに応じ、姿を変えてきた吉祥寺。現在、豊かな自然と都市生活、大型専門店と昔ながらの商店街が隣り合ってそこにはある。
「井の頭池」から始まった武蔵野の人々の営みは、まちに活力を生み続け、これからも新たな歴史をつむいでゆく。
インタビュー「写真家が見つめてきた吉祥寺の街の変貌」

「街の写真は何十年も経過したのちに発表すれば、見る方も衝撃を受ける」というのは、吉祥寺「らかんスタジオ」の会長にして写真家の鈴木育男さん。ファインダー越しに見つめ続けてきた吉祥寺の街の変貌について聞いた。

 

吉祥寺で新たな生活をスタート

米ニューヨークにて写真館を営みながら、写真家として活躍を続けていた父親が世界恐慌のあおりをうけ、帰国を余儀なくされたのは1930(昭和5)年のことだった。その翌年、阿佐ヶ谷の住宅街で小さな写真館「らかんスタジオ」を開いたと同時に鈴木育男さんは誕生。1935(昭和10)年には、吉祥寺の街に引っ越してきたという。
「当時の吉祥寺は、まだまだ“繁華街”と呼べるほどの街ではなかったものの、周辺の三鷹や阿佐ヶ谷、荻窪などに比べて活気があったと感じていました。だからこそ両親はここに居を移し、新たな生活をスタートさせようと思ったのでしょう」と振り返る。
「1938(昭和13)年頃に、砂利道だった平和通りが拡幅、舗装されました。徐々に商店街も形作られ、繁華街を囲むように住宅街も広がっていきました」

 

ひたすらシャッターを切っていた

戦後の復興期を迎え、鈴木さんは、早稲田大学卒業後に家業を継ぐことを意識して東京写真短期大学に進学。写真の技術を徹底的に学び「らかんスタジオ」に入社。父親の手伝いをしながら、自らの作品撮影にも没頭した。
「まだ自分の中に“何を撮りたい”という明確なテーマはなく、撮りたいものを思うがままに撮っていきました。被写体を求めて、日本各地を訪れ、その地に住む人々の暮らしや景色などを切り取っていったのです」

 

変わりゆく吉祥寺の姿を記録する

吉祥寺という街を被写体として意識するようになったきっかけは、新聞社や出版社からの問い合わせだったという。
「1951(昭和26)年だったと記憶していますが、昔の吉祥寺の写真はないか、という問い合わせをいただきました。カメラを持っている人も少ない時代でしたから、街に根付いた写真館ならば何かあるだろうと思ったようです。ところが残念ながらストックがない。それでは街の写真館として恥ずかしいと思い、ぽつぽつ目につく光景を撮るようになったのです」
1962(昭和37)年には武蔵野市が都市計画を発表。この先、吉祥寺が大きく変わっていくと予感した鈴木さんは、街の変貌ぶりを写真に収めていくべきと強く意識したという。
「とにかくこの先、街はダイナミックに変わっていく。だから“変化”をテーマに、大きく変わりそうな場所、例えば駅や商店街を定点撮影し続けていこうと思い立ちました」
特に1970(昭和45)年から15年間は、吉祥寺の街が大きく変わっていった時期。街の記憶を写真として残していく義務があるとさえ感じていたという。
「人の記憶は曖昧だし、時には間違ったまま後世に伝わってしまう恐れもある。ところが写真で見れば、その変化は一目瞭然だし正確に伝わります。改めて写真の力の大きさを実感しました」

 

世界一長寿のカメラマンを目指す

鈴木さんは、これまでに何冊もの写真集を出版してきた。もちろん、吉祥寺をテーマにした作品集も上梓している。
「街の写真は何十年も経過したのちに発表すれば、見る方も衝撃を受ける。120歳になったとき、世界一の長寿カメラマンとして、ここ吉祥寺の街の変化を正確に伝える写真集を出したいと思っています」


お話:らかんスタジオ 鈴木育男さん

1931(昭和6)年阿佐ヶ谷生まれ。早稲田大学卒業後、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)で学ぶ。卒業後に父が経営する「らかんスタジオ」に入社。これまでに写真集『うつりゆく吉祥寺』『吉祥寺と周辺寸描』などを出版。

トップへ戻る