写真でひもとく街の成り立ち

このまちアーカイブス
福岡・博多
博多湾に沿って広がる福岡・博多は、九州有数の商業・工業都市であるばかりでなく、国内外から多くの人が集まる日本有数の観光都市の要素も持つ。古くはその重要性から、周辺に「大宰府」・「鴻臚館(こうろかん)」が置かれた日本外交の拠点であり、その後は商人が活躍する港町・博多が誕生した。江戸時代にはその西側に黒田氏の城下町・福岡が生まれ、東西の2つの街が競い合うように発展した。明治維新後、両者は合併して県庁所在地の福岡市となり、現在は博多区と中央区にあたる地域になっている。その中で、JRの駅は今も「博多」駅を名乗るなど、2つの地名は併存し、市民の間に浸透している。また、この街を彩る季節の祭りは熱く、特産品や食品は全国に通用するブランドも多い。
「博多」駅の変遷、九州鉄道

「東公園」の千代の松原付近を走る蒸気機関車(大正~昭和前期)「東公園」の千代の松原付近を走る蒸気機関車(大正~昭和前期)

「鉄道線電車線路図」(昭和前期)『鉄道線電車線路図』(昭和前期)

山陽新幹線と九州新幹線が接続する「博多」駅は、九州における鉄道の一大拠点となっており、歴史をさかのぼれば、現在の鹿児島本線の前身を築いた九州鉄道(初代)の始発駅にたどりつく。九州鉄道はこの「博多」駅を出発点として、1889(明治22)年、西の千歳川仮停車場(現在の「久留米」駅の北部にあった)を結ぶ路線を開業、2年後の1891(明治24)年に東の「門司(現・門司港)」駅とを結ぶ路線も開業した。間もなく「博多」駅からの鉄路が隣県の主要都市と結ばれていった。
一方で、市内各地や「太宰府」などの近郊を結ぶ鉄道は、現在の西日本鉄道(西鉄)の前身となった九州電気軌道、福博電気軌道、博多電気軌道などの私鉄として発達した。これらの鉄道の一部は、市内における路面電車も開業し、これが西鉄福岡市内線となった。「西鉄福岡(天神)」駅には、これらの多くの路線が接続しており、「博多」、「西鉄福岡(天神)」両駅が福岡市内における二大ターミナルとなっている。
現在はJR線、西鉄線とともに、福岡市地下鉄が市内外を結んでいる。地下鉄には空港線、箱崎線、七隈線の3路線があり、最初の路線である空港(一号)線は福岡空港、博多、祇園、中洲川端、天神という市内の拠点を結び、JR筑肥線との相互直通運転も実施している。

博多を代表する夏祭り 「飾り山笠」が街を彩る

「飾り山笠」(画像は明治後期~大正期)「飾り山笠」(画像は明治後期~大正期)

博多(福岡)の街は、「博多祗園山笠」「博多どんたく」「玉取祭」など、全国的に知られる祭りで大いに賑わいを見せる。また、この街の特産品としては「博多織」「博多人形」が有名で、博多の食も全国で人気のものが多い。
博多(福岡)を代表する「櫛田神社」の夏祭り「博多祗園山笠」では、14の「飾り山笠」が各町で公開される。この「飾り山笠」は明治期に電線が架設されたため、実際に動かす「舁(か)き山笠」と分化した。

「博多祗園山笠」(画像は大正期)「博多祗園山笠」(画像は大正期)

「博多祗園山笠」の起源には諸説があるが、鎌倉時代の1241(仁治2)年という説が有力である。半月間にわたって行われる祭りのクライマックスは7月15日の「追い山笠」「櫛田入り」である。

伝統を受け継ぐ博多人形・独楽 明太子やラーメンも全国に

「博多人形」の売買の様子。(昭和前期)「博多人形」の売買の様子(昭和前期)

「博多人形」の素焼きに上絵を描く様子。(昭和前期)「博多人形」の素焼きに上絵を描く様子(昭和前期)

「博多織」のほかにも、博多・福岡には長い歴史をもつ伝統工芸品が存在する。それは「博多人形」や「博多独楽」「博多曲物」といった木工品である。
「博多人形」は、福岡藩の初代藩主、黒田長政が「舞鶴城」建設に伴い諸国の職人を集めた折、その職人たちの間から素焼き人形が生まれ、現在に至ったといわれる。江戸後期に正木宗七、中ノ子吉兵衛らの名工を輩出し、明治以降は国内外の博覧会でも高い評価を得て「博多人形」の名を全国、世界に広めた。このほか、木工品としての「博多独楽」や「博多曲物」は庶民の生活の中から生まれ、職人の間で受け継がれながら、博多を代表する工芸品となった。現在、博多区上川端町の「櫛田神社」のすぐ近く(北側)に「はかた伝統工芸館」があり、職人の技を伝える作品やその製作過程、歴史などが紹介されている。
また、博多・福岡は食の宝庫としても知られる。玄界灘の魚介類といった海の幸を生かした料理のほか、明太子や博多ラーメンといった独特の食が生み出されてきた。水炊きやもつ鍋といった鍋料理も、博多・福岡を代表する料理として有名である。

「太宰府天満宮」の参道にあった金鳥居(大正期)
「太宰府天満宮」の参道にあった金鳥居(大正期)
九州を治めた大宰府政庁跡 菅原道真ゆかりの天満宮
「大宰府」は、奈良・平安時代に朝廷が各地に置いた行政機関であったが、九州の「大宰府」だけが残り、九州地方の行政、大陸との外交を担うこととなった。「大宰府」の長官は、大宰の「帥」とよばれ、実際には長官代理の「権帥」が現地で支配権を握ることになった。また、この「権帥(大宰員外帥)」は大臣経験者などの左遷ポストともなっていた。藤原氏と権力を争った右大臣、菅原道真もその一人である
菅原道真は大宰員外帥となった4年後の903(延喜3)年、大宰府で死去した。その後、安楽寺に廟が設けられ、919(延喜19)年には社殿が建てられて、「安楽寺天満宮」となった。これが明治期に「太宰府神社」となり、1947(昭和22)年に「太宰府天満宮」と名称を改めた。現在は京都の「北野天満宮」とともに全国天満宮の総本宮(社)とされている。
現在、「大宰府政庁」跡は、福岡市の南の太宰府市にあり、付近には「観世音寺」や「水城」など関連施設の遺構なども残る。また、名称は駅名や地名となって受け継がれ、西鉄天神大牟田線に「都府楼前」駅、JR線(鹿児島本線)に「水城」、「都府楼南」駅が存在する。西鉄太宰府線の終点となる「太宰府」駅は、「太宰府天満宮」の最寄り駅で、「大宰府政庁跡」や太宰府市役所とは少し離れた東側にある。

※古代律令時代の役所、その遺跡に関するダザイフは「大宰府」、中世以降の地名や天満宮については「太宰府」と表記する。
※画像古地図提供 / 生田誠(※クレジット表記のないもの全て)

トップへ戻る