港南台センターのブログ

日々営業日記 

日々営業日記
不動産用語勉強会
2018/10/12
本日ご紹介する用語は【越境(えっきょう)】です。

越境とは、建物や建物の屋根、塀などが敷地の境界線を越えていることです。
庭の木や花などが隣の家にはみ出している場合も越境となります。また、地下に埋設された水道管や配水管、ガス管なども他人の敷地を通っていたり、一部でもはみ出して入る場合も越境です。

境界そのものの位置に関する争いだけでなく、越境をした構造物や樹木などに関する揉めごとも少なくありません。

不動産の売買にあたり、隣の敷地から何らかの越境があれば「その事実関係」が重要事項として宅地建物取引士が説明をいたします。越境をされている場合だけでなく、売買対象物件が隣地へ越境している場合も同様です。

また、越境をそのままにしておくわけにもいかないので、売主様と隣地の所有者との間で
 ○お互いに敷地境界線と越境部分の状況を確認したこと
 ○越境している側は、その負担において将来の建替えの際などに越境状態を解消すること
 ○お互いに物件を第三者へ譲渡した際には、それぞれの買主へ合意内容を承継させること
などの項目を盛り込んだ合意書(覚書や確約書、協定書など)を交わしておくことが一般的です。
三井住友トラスト不動産港南台センターでは、港南台駅・洋光台駅を中心としたJR根岸線沿線をはじめとする横浜、港南区エリアに物件を数多く取り揃えております。このエリアでのご売却・ご購入のご相談は港南台センターまでお気軽にお寄せください。
  • ご売却相談
  • ご購入相談
  • この店舗へのお問い合わせ